Course curriculum

  • 1

    1.ストラクチャリング思考と成果

    • 1.構造によって成果を創ってきた組織

    • 2.構造が成果を創る

    • 3.構造が成果を創った事例

    • 4.10億通りを記憶する

    • 5.構造で成果が出せない理由①枷ポジション

    • 6.構造で成果が出せない理由②臨機応変の正当化

    • 7.構造で成果が出せない理由③複雑に絡まる構造

    • 8.営業と開発が仲違いする組織構造

    • 9.経営者が意思決定できない本当の理由

    • 10.ストラクチャリング思考 問題を人にしない考え方

    • 11.ファクト思考①

    • 12.ファクト思考②

    • 13.構造化思考

    • 14.パズル思考

    • 15.感情も構造化できる

  • 2

    2.価値構築経営

    • 1.価値とは何か?

    • 2.企業が感じる価値

    • 3.人が感じる価値

    • 4.付加価値ではないことを見分ける

    • 5.付加価値はどこにあるのか?

    • 6.世界初の付加価値

    • 7.なぜムダを作ってはならないのか?

    • 8.価値構築経営の構造®とは

  • 3

    3.ニーズ探索

    • 1.ニーズ探索の目的

    • 2.ニーズ構造①解放/盲点/秘密/未知

    • 3.ニーズ構造②特長・機能/利点・感動

    • 4.コンサルティングセールスとは

    • 5.手法①質問

    • 6.手法②観察

    • 7.手法③五感、五感以上で感じる組織構造

    • 8.ニーズ探索①企業が感じる利点・価値

    • 9.ニーズ探索②人が感じる利点・価値

    • 10.より深くニーズを探索していくために

    • 11.ニーズ構造における探索の方法

  • 4

    4.価値創出

    • 1.価値創出の目的と構造

    • 2.価格への影響

    • 3.バリューテンプレートーBtoB

    • 4.バリューテンプレートーBtoC

    • 5.バリューテンプレート(逆算①)

    • 6.バリューテンプレート(逆算②)

    • 7.商品の特長から価値を考える

    • 8.企業が感じる価値を創る①コスト

    • 9.企業が感じる価値を創る②リスク

    • 10.企業が感じる価値を創る③付加価値

    • 11.人が感じる価値を創る

  • 5

    5.価値実現

    • 1.価値実現の目的

    • 2.価値構造の情報構築

    • 3.特長と利点①

    • 4.特長と利点②

    • 5.利点とは何か?

    • 6.ニーズを受け止める

    • 7.ニーズに関連する特長と利点の情報提供

    • 8.価値の提示

    • 9.体感によって価値を伝える

    • 10.価値構造の差別化

    • 11.意思決定

    • 12.価値実現

  • 6

    6.価値展開

    • 1.価値展開の目的

    • 2.価値展開の構造

    • 3.1回あたりの取引価値量を引き上げる①

    • 4.1回あたりの取引価値量を引き上げる②

    • 5.1回あたりの取引価値量を引き上げる方法

    • 6.取引の回数を多くする①

    • 7.取引の回数を多くする②

    • 8.新規取引を多くする①

    • 9.新規取引を多くする②