Course curriculum

  • 1

    Ⅰ:なぜ今インテグラル理論なのか?

    • インテグラル理論は「理論」or「思想」or「実践」?

    • 提唱者 ケン・ウィルバーとは

    • 加藤氏とインテグラル理論の出会い

    • インテグラル理論に関わるその他の専門家

  • 2

    Ⅱ:インテグラル理論基礎

    • インテグラル理論とは

    • 発達のスパイラルとは

    • 真善美とは

    • 四象限とは

    • フラットランドとは

    • レベルとは?意識内容と意識構造

    • 意識構造の発達

    • 意識構造の発達におけるその他の現象

    • レベルの色分け

    • 第2層の発達段階

    • 第2層と第3層の意識①

    • 第2層と第3層の意識②

    • ラインとは

    • サイコグラフとその活用方法

    • 10個の主要な発達ライン

    • ステートとは

    • 変性意識状態とは

    • タイプ論とは

    • ペルソナ・パーソナリティ・アイデンティティ

  • 3

    Ⅲ:個人における実践

    • インテグラル理論の活用について

    • 成人発達理論とインテグラル理論

    • 一人称的実践と二人称的実践

    • ボディとは

    • マインドとは

    • スピリチュアルとは

    • シャドーとは

    • ドリームジャーナルとは

    • シャドーの実践:アートセラピーとは

    • 3つのボディ

    • もう1つのシャドー「ヨナコンプレックス」

    • 統合するとは

    • 実存的段階と実存的状態

    • ビジョン・ロジック段階

    • インテグラル理論の相対的な強み

    • 健全な進化とは何なのか

    • 企業のリーダーになぜ今インテグラル理論が必要か

    • インテグラル理論が扱うコミュニケーション

    • これからのリーダーシップ要件

    • 個人で受けられるアセスメントについて

  • 4

    Ⅳ:組織における実践

    • 組織のステイトの実践

    • 組織のマインドの実践

    • 意思決定とインテグラル理論

    • 組織のスピリットの実践

    • 組織のシャドーの実践

    • 他者のシャドーを扱う際に注意すること

  • 5

    Ⅴ:Q&A

    • 経営者の活用方法

    • 20/30代の活用方法

    • 40/50代の活用方法

    • 60/70代の活用方法

  • 6

    Ⅵ:まとめ

    • 企業の人材開発

    • 経営者の立場から人材開発をどう見るか

    • 仕事好きの方へ

    • コーチングとインテグラル理論の応用

  • 7

    Ⅶ:特典コンテンツ

    • インテグラル理論と観光

    • 小松美羽さんとの出会い

    • 小松美羽さんとの対談の経緯

    • 小松美羽さんとの対談を振り返って

    • 高野山を振り返って

  • 8

    Ⅷ:セミナー参加者の方からの質問

    • 来日セミナーを終えて

    • インテグラル理論と日本人の親和性

    • 日本と海外の教育システムの違いについて

    • インテグラル理論の地平と地平の外にある周辺の取込みについての課題

    • 自我と認知について

    • チームへ四象限の共有をする際に留意するべきポイント

    • 右象限よりの人が自己理解能力を深めていくためのサポート

    • インテグラル理論をどのように学び応用していくのか

  • 9

    Ⅸ:質疑応答

    • 売上至上主義な経営者・やみくもに上場を目指す経営者の発達段階

    • 発達段階に対応した身体実践

    • 浅い目撃者の意識状態について

    • 言われたことしかやらない人と上司を使える人の発達段階の違い

    • リフレクションジャーナルの執筆と非言語的な自己探究・自己表現実践の勧め

    • オレンジ段階の特徴の例示

    • 独自の価値体系を構築しているかどうかを見極めるためのチェックポイント(その3)_8分

    • 独自の価値体系を構築しているかどうかを見極めるためのチェックポイント(その2)_7分

    • 独自の価値体系を構築しているかどうかを見極めるためのチェックポイント(その4)_11分

    • 独自の価値体系を構築しているかどうかを見極めるためのチェックポイント(その1)_11分

  • 10

    Ⅹ:アンバサダー mtgを終えて

    • 1中土井さんのプレゼンからの学び

    • 2宇野さんのプレゼンからの学び

    • 3成人発達理論やインテグラル理論を用いた映画鑑賞の勧め

    • 4食実践に関して

    • 5食実践に関する補足

    • 6食実践と他の実践領域との関係

    • 7ファスティングの実践について

    • 8ジャーナリングの実践について

    • 9シャドーワークに関する補足

    • 10メディテーションに関する補足

    • 11死と向き合うことについて

    • 12霊性のラインの重要性

    • 13『インテグラル心理学』読書会に向けて

    • 14第7回アンバサダーmtgを終えてPart1

    • 15第7回アンバサダーmtgを終えてPart2

    • 16第7回アンバサダーmtgを終えてPart3

    • 17第7回アンバサダーmtgを終えてPart4

    • 18第7回アンバサダーmtgを終えてPart5

    • 19第7回アンバサダーmtgを終えてPart6

    • 20第7回アンバサダーmtgを終えてPart7

    • 21第7回アンバサダーmtgを終えてPart8

    • 22第7回アンバサダーmtgを終えてPart9

    • 23第7回アンバサダーmtgを終えてPart10

    • 24第7回アンバサダーmtgを終えてPart11

    • 25第7回アンバサダーmtgを終えてPart12

    • 26第7回アンバサダーmtgを終えてPart13

    • 27第8回アンバサダーmtgの振り返りPart1

    • 28第8回アンバサダー mtgの振り返りPart2

    • 29第8回アンバサダーミーティング後の二次会の振り返り

    • 30第8回アンバサダーミーティングの振り返り(特別編)

    • 31中土井僚さんとの対談セミナーと今後のアンバサダーミーティングに向けて

    • 32成長支援型コミュニケーションの実現に向けて

    • 33鈴木規夫さんと開発中の発達理論の可能性を徹底検証するプログラムについて

    • 34ドイツ・ボンの現代美術館を訪れて

    • 36日本社会を覆う性に関するシャドーについて

    • 35サンフランシスコ観光の際のお勧め_Big Mindというシャドーワークについて

    • 37 11月から始まる発達理論マスターコースについて

    • 38発達理論マスターコースに関する補足

    • 120_第10回アンバサダーミーティングを終えて_18分

    • 121_Authentic Leadershipに該当する発達段階_6分